ロイヤル

最高級遮熱フッ素樹脂塗装鋼板使用

リフォームに最適な屋根材

■特徴
・太陽光の侵入を抑え、20年以上美しさを保つ屋根材!

(遮熱フッ素樹脂塗装鋼板使用)

・裏貼材+断熱マット(オプション)使用で優れた断熱性・遮音性を実現!省エネ効果も抜群!

・独自のタイトフレーム工法で強度アップ!

・軽量な屋根材なのでリフォームに最適!

また、地震にも強さを発揮!

・特許3689396号

■使用鋼板
遮熱フッ素樹脂塗装鋼板 0.5mm

(原板:溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板)

■製品仕様
働き幅 働き長さ
ロイ

標準 2段 796mm 800mm
4段 796mm 1,600mm
山高さ 41mm
山ピッチ 199mm
茸き上げ単位重量 58.8N/m^(2)(6kg/m^(2))
勾配 2.5/10以上
裏貼り ポリエチレンフォーム
断熱マット 耐熱性発泡ポリスチレン
タイトフレーム t1.6×40×796(溶融亜鉛めっき鋼板)
■標準色
  • 黒(艶消し)
  • 銀黒
  • オリーブグリーン
※ウェブ上と実物では色が異なりますので現物のカラーサンプルでお確かめください。
■軒先の納め図
  • 軒先瓦 オプション(曲げあり) 
  • 軒先瓦 標準(曲げなし)
■オプション部品
■屋根に求められる機能・性能
(1)防水性=雨露を凌ぐ

(2)耐震性

(3)耐風性             (4)防火性

(5)断熱性(通気性)       (6)遮音性

(7)耐久性             (8)耐候性

(9)施工性            (10)意匠性

(11)経済性            (12)その他(採光・換気・ソーラー・耐雪)

 

■金属屋根の基本性能
基本性能 ロイヤル
防水性
耐震性
耐風性
防火性
断熱性
遮音性
耐久性
耐候性
施工性 ○ -
意匠性
経済性(価格)
基本性能 ロイヤル
防水性【散水送風試験】 1次防水(捨溝、捨板等)
+
2次防水(アスファルトルーフィング)
耐風性【飛び火試験】 ◎タイトフレーム+ビス留
防火性 DR-0144
断熱性 裏貼り
+
断熱マット
遮音性【雨音騒音試験】 裏貼り
+
断熱マット
耐久性 55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板
耐候性 遮断フッ素樹脂塗装
意匠性 洋風・和風にもマッチする波型形状
経済性(価格) 『遮熱(太陽熱反射)』機能を付加⇒環境、エコを重視
■防水性について

ロイヤルとも、暴風雨を想定した厳しい試験をおこなっています。

【試験条件】

勾配:4寸

風速:30m/秒

数量:6.7リットル/分[66.8mm(10分間降雨量※)]

※日本で記録されている10分間降雨量の最大値は49mm

役400mm/1時間 相当の豪雨

◆防水対策も安全
●ロイヤルの場合
■耐震性
「ロイヤル」は、各種の住宅用根材のなかで軽量な製品の一つです。

m^(2)当たりの単位重量は、約6kg程度です。(和瓦の約1/9、着色石綿板の約1/3)

屋根の重量が軽いと水平力Pが小さく、

地震時に建物自体への負担も小さい。

屋根の重量が重いと水平力Pが大きく、

地震時に建物自体への負担が大きくなります。

■ロイヤルの耐風性について
◆優れた耐風圧性能を発揮

一般的な条件の場合、建築基準法で定められている設計風圧力※に対し、

ロイヤルの耐風圧性能は、3倍以上の強度を見込んであります。

※一般的な日本国内(離島を除く)内陸部での風圧力=2800N/m^(2)(285kg/m^(2))

(算出条件)

・基準風速:40(m/秒)

・屋根形状:切妻屋根

・勾配:2.4(寸)

・屋根平均高さ:13(m)

◆防水対策も万全

●ロイヤルの場合

独自のタイトフレーム工法を採用(実案 3040628号)

 

タイトフレーム

一般工法

■防火性について
飛び火認定(防火地域または準防火地域内の建物の屋根における認定)を取得し、防火性能を確認しています。
1.認定番号

ロイヤル:DR-0144

(飛び火性能試験)

2.適用地域

「防火・準防火地域」

(法第63条)

及び「法第22条地域」の屋根

(飛び火性能試験)

■断熱性について
【計算前提条件】

・外気温35度

・屋根材表面温度75度

・室温温度26度

(窓等の壁面よりの熱流量は考慮していません。)

野地板裏面の温度
ロイヤルカバー

(断熱マットあり)

30℃
省エネ効果が期待できます。

◆カバー工法の場合 ロイヤルの断熱性実測結果(1)

※上記結果は実測値であり、保証値ではありません。

◆和瓦(撤去)の場合 ロイヤルの断熱性実測結果(2)

※上記結果は実測値であり、保証値ではありません。

■遮音性について
雨音騒音測定試験の結果、他屋根材とほとんど変わらない試験値が確認されています。
※住宅寝室の推奨値40dB(A)以下
当社 雨音騒音試験装置


【騒音レベルと身近な音の比較】

75dB程度:電車の車内

60dB程度:掃除機の運転、普通の会話

50dB程度:エアコン室外機の運転、静かな事務所

40dB程度:住宅寝室の推奨値

※上記結果は試験値であり、保証値ではありません。

■耐久性について(基材)
■耐久性について(塗装)

暴露テスト

塗装鋼板のテストピースを沿岸部など過酷な自然 環境のもとで、20年、30年と年月をかけて耐候性 を調べています。

「ロイヤル」の表面処理に使用されているフッ素樹脂塗料。 高層ビルの外装をはじめ、橋梁やプラントなどの鋼構造物に 数多く使用されています。いまや超耐候性塗料として不動の地位を築き つつある塗料です。

また、原板の溶融55%アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板は 酸性雨やさびに強いなど優れた特性を有しています。長年美しさを保ちます。

■耐熱のしくみ
遮熱塗装鋼板の

◆試験結果

■経済的で環境に優しいカバー工法

既設屋根(着色スレート板等※)をはがさず、 その上に「ロイヤル/RⅡ/ステップ」を新しく葺くことができるため、 既設屋根の解体処理が不要です。

また既設屋根の多重構造により、 遮音性・断熱性能がアップし、 省エネ効果も期待できます。

さらに当屋根はリサイクル性のある素材であり、将来に渡って環境に配慮された製品となっています。

※既設屋根の形状によっては、撤去が必要な場合もありますので、御相談下さい。

太陽熱反射のメカニズム

■通常塗膜
■遮熱塗膜